ウェルネス・タッチケア®講座参加者インタビュー③梅木幸さん・寿(ひさし)君・雅(まさし)君(受講時4か月)


加倉井さおりが講師を務めたウェルネス・タッチケア®体験講座に参加されたママにインタビューをしました。第3回目は、梅木幸さん と双子の男の子、寿(ひさし)君・雅(まさし)君(受講時4か月)です。


Q1.参加講座をお知らせください。

 育休ママのためのハッピーママ入門講座~ウェルネス・タッチケア®に参加しました。


Q2.ウェルネス・タッチケア®を受講されたのはどうしてでしたか?

優しく肌に触れることの効果を常々感じてはいたものの、 単なるベビーマッサージではなく、「誰もが愛されるべき存在である」という理念に深く共感し、ぜひ、提唱者の加倉井先生から学びたいと思ったため。

(そして、私が敬愛する加倉井先生に 子供たちの成長を見ていただきたかったから!というのも大きな理由です♡)


Q3.体験してみてお子さんの反応はいかがでしたか?

初めての受講時、まだ生後4か月(早産だったため修正2か月半)でしたが、双子の兄の方は、気持ちよくす~っと眠ってしまいました。双子の弟の方は、泣いた場面もありましたが次第に表情もほぐれ、自由に動こうとしていました

2回目の体験時は生後8か月ほどで 二人とも喜び、気持ちよさそうでした。そして、終わった後は食欲旺盛でバナナを数本ずつ食べていました。


Q4.ご自宅ではどんな場面でやってますか?

小さい頃は、お風呂の時に石鹸で身体を洗う際、タッチケアをしていました。特に、長女には時間をかけて行うようにしました。

また最近は少し時間に余裕ができてきたので 寝る前にクリームを付けながら行うこともあります。


Q5.ウェルネス・タッチケア®をやって良かったことがあれば教えて下さい。(ご感想でも)

子供との触れ合いの時間は有限であるからこそ、このひと時を大事にしようと、改めて思うきっかけとなりました。

コミュニケーションの一つとして、というだけでなくもっと深い深い心のつながりにつながっていくと思います。

そして、子供だけでなく私まで本当に温かな気持ちになれます。ウェルネス・タッチケア®の魅力は、一方通行ではなく、相互通行ですね!


梅木さん、ありがとうございました。

梅木さんが体験いただいた「育休ママのためのハッピーママ入門講座~ウェルネス・タッチケア® 」は、加倉井さおりが講師となって、育休中の仕事と育児の両立への不安や悩み、気になることを解決できる人気の講座です。次回開催は、NEWSで告知いたします。お楽しみに!

ウェルネス・タッチケア®プロジェクト

認定講師たちと一緒に、ウェルネス・タッチケア®を通じて赤ちゃんからシニアの方まですべての方に、「誰もが皆、愛されるべき存在」であることを伝え、自分を大切にできる、そして周りの人を大切にできる、 あたたかなふれあいを大切にできる社会の実現に貢献する活動をしています。

0コメント

  • 1000 / 1000